IMG_9502.jpg
star2019.jpg

クッションとしてのアート

 

人類が2足歩行を始めてから400万年あまり、身体は長い年月をかけてゆっくりと作られました。しかし、ここ100年で都市基盤が整備され、水や火の確保が不要になり、コンピューターの情報伝達は生活手段を大きく変えました。人類が数万年に渡り営んできたライフスタイルは急速に変化し、我々はその恩恵に預かりながらも、どこか居心地の悪さを感じています。なぜなら、我々の身体は数万年間変化をしておらず、体は外部へと拡張しているだけだからです。

 

私はこの身体性の回復に興味を持って表現を行なっています。また、表現行為を通して、そこから派生する物事や人間の関わりに興味があります。我々を取り巻く現代の環境は、今後さらに加速度的に進むでしょう。だから私は、その間を埋めるクッションのようなアートを生み出したいと思っています。

滝沢達史

1972  横浜市生まれ 

1997  多摩美術大学絵画科油画先行卒業

1999  東京都教育公務員美術教諭 知的障害教育

2009  東京都学校開設準備員 退職

 

[個展]

 

2006    BankART NYK/「絶望の方舟」

2007    Gallery≠Gallery/むこうへ

2012    Steps Gallery /階段を登ったところにある

2014  Steps Gallery/全部

 

[グループ展]

 

2007 アートフロントギャラリー/SLEEP~Are you awake?

2008  BankART /食と現代美術

2009 大地の芸術祭

2011 Living in Arts project/岡山

2012 大地の芸術祭

2012    旅するアート/岡山

2012 岡山芸術回廊

2013 瀬戸内国際芸術祭

2013 喜多方・夢・アートプロジェクト

2014 いちはらアートMIX

2014 森のはこ舟アートプロジェクト

2015 大地の芸術祭

2015 Kamikoani Project Akita 

2015 喜多方・夢・アートプロジェクト

​2016 アーツ前橋/共働としてのアート・表現の森

2016 瀬戸内国際芸術祭/粟島研究所

2017   TURN Fes3

2019  粟島研究所 / 美術・教育・戦争    

         表現の生態系 / アーツ前橋 

 

[スペースデザイン]

2014   Villa Sakura: 客室デザイン / 鎌倉 

2014   Spain Bar Girona / 虎ノ門ヒルズ 東京

2015   のまど間 大山城 / シェアオフィス、鳥取  大山町

2018   ホハル/​ 放課後等デイサービス

takizawa_206.jpg